近大アシスト

お知らせ

治験事業部 森田さんが ”Excelellent CRC” として表彰されました

治験事業部の森田さんがIQVIA社よりExcelellent CRC(治験コーディネーター:Clinical Research Coordinator)として表彰されました。
このことについて、治験事業部 森田さんと治験事業部責任者の前田さんにお話しを伺いました。

―この度はExcelellent CRC受賞おめでとうございます。森田さん、まずは、今の気持ちを御教え下さい。
(森田さん)ありがとうございます。率直にこのような表彰を受けてとてもうれしく思います。

―今回の受賞の経緯やIQVIA社についてお聞かせ下さい。
(前田さん)IQVIA社はスポンサー(製薬会社)から臨床試験を請負っているCRO(医薬品開発業務受託機関)のなかで最大手の1社です。IQVIA社が受託している日本国内で多数実施中の臨床試験を担当している各モニター(CRA:Clinical Research Associate)から優秀なCRCとして推薦された、限られたCRCに感謝状が贈られるようです。

―前田さん、是非コメントいただけないでしょうか?
(前田さん)森田さんは入社4年目で以前は臨床で病棟の看護師をされていました。今回、ギランバレー症候群といった希少疾患のため、受診後、即日での入院が必要な治験であり、また、早急に治験薬の投与を開始しなくてはならないという、非常に煩雑な治験でしたが、病棟での看護師経験が非常に役立った事、また担当モニターへの確認や疑義事項など、頻繁に連絡をとり、丁寧な作業や報告、また希少疾患のため被験者のリクルートに苦慮している試験でもありましたが、候補の患者様が挙がった場合も常にアグレッシブに被験者の登録に向けて対応をするなど、森田さんが仕事に対して、とても前向きなところが今回の受賞につながったと思います。

―森田さん、ご本人はいかがでしょうか?
(森田さん)仕事に対して上手くいかない時期もありましたが、前田さんや先輩方にご指導いただき、少しずつですが学んできたことが活かせるようになりました。この試験を担当させて頂き、多くの学びと発見がありました。今後に活かしていきたいと思います。
また、治験事業部の他のスタッフにいろいろと助けてもらったことも、今回の受賞ができた大きな要因だと思います。治験事業部のスタッフに本当に感謝しています。

森田さん、前田さん、治験事業部のみなさま、本日はどうもありがとうございました。
今回取材をさせて頂きまして、治験事業部のチームワークと森田さんの謙虚ながらも、仕事に対して熱心に取り組んでおられる姿勢がとても素晴らしく感じました。森田さん今回は受賞、本当におめでとうございます。

近大アシスト Facebookページにも掲載しております。
https://www.facebook.com/kindai.assist/

一覧へ戻る