近大アシスト

お知らせ

「ハルカス学園祭」に参加しました。2021.11.18~11.23

あべのハルカス近鉄本店 ウイング館9階催会場で、1118日~1123日の間に、関西の24の大学・学生グループが出展するイベント「ハルカス学園祭」が開催されました。

阿倍野・天王寺周辺で展開される「ええやん まちフェス まるっと文化祭」の一環で開催され、会場では、産学連携開発商品や授業の中での製作品の販売や展示などが行われました。

今回、近大アシストが近畿大学の先生とのお話の中で、紹介を受けて出店の機会をいただいた同イベント。近大アシストからは、近畿大学恵庭農場産のじゃがいも・かぼちゃ、近畿大学湯浅農場産のみかんジュースなどの”100%近大の食品や、近大×Tabioコラボの無農薬靴下、KDUアイテムを中心に、販売スタッフとして参加しました。

 

◆当日会場に立った近大アシストメンバーにインタビュー◆

〇東大阪 営業部 Sさん

19日、20日に販売スタッフとして参加。
近畿大学恵庭農場産のじゃがいもの詰め放題は好評で(詰め放題なんと200円!)、小さい子供たちは楽しそうに詰めていたのが印象的です。
みかんジュースは知り合いからもらって美味しかったからと購入してくれたお客様がいて、世間に浸透していると思いました。
販売担当の学生さんたちも声掛け等をしていて熱心に取り組んでいたと思います。

 

〇東大阪 営業部 Yさん

開催初日に地元ニュースで取り上げられたようで、それを見て来店している方もいました。テレビの影響力ってすごい!
学生さんは、終始頑張って接客しており、生き生きして見えました。
長丁場でも、座ったり携帯を触ったりせず、お客さんに声をかけ、在庫を確認し、他店の様子を窺ったり、他大学の先生・生徒と積極的にコミュニケーションを取っている姿は、とても頼もしく素晴らしいものでした。
「近大=マグロ」のイメージはやはり強いようで、販売している商品を見て、「近大ってマグロだけやないんや!」という声をよく聞きました。小さなイベントだったかもしれないですが、近大のアピールには十分な効果があったように思います。

 

お客様との交流で直接声を聞いたり、学生さんの真剣さを近くで見て、参加メンバーたちも心を動かされているのがインタビューから伝わってきます。
近大の素晴らしい商品や技術を幅広い世代に知ってもらう為に、今後も近大アシストはサポートを続けていきます!

一覧へ戻る