近大アシスト

お知らせ

ドトールコーヒーショップ近畿大学病院店【7周年記念】突撃インタビュー!最終回【大磯店長後編】

ドトールコーヒーショップ近畿大学病院店は2020年12月で7周年を迎えることができました。7周年記念に突撃インタビューを慣行いたしました。全3回でお送りいたします。
今回はインタビュー最終回の大磯店長後編、開業当時はアルバイトスタッフだった大磯店長。重責を背負い店長になり、そしてドトール本部から連続表彰されるようなお店づくりをする秘密を公開いたします。それではどうぞ。()はインタビューアの心情です。

Q:近畿大学病院店ではドトール本部より数多く表彰されていますが、継続のコツはありますか?
A:目標を明確にし、達成する為のプランをみんなで考える。
(これが、秘密だっー! ひとりではなく、みんなで考えていたのか!!)

Q:店長になる前となってからの違いはありますか?
A:パートスタッフの方々への感謝の気持ちとても強くなりました。

Q:印象が残るエピソードをお聞かせください。
A:2018年度にドトール表彰制度で最高位の「最優秀店舗賞」を受賞させていただきました。副賞としてハワイのドトール農園にいき、コーヒーの苗を植えてきました。
なかなかできない貴重な体験ができたのもひとえにスタッフの皆様のおかげです。

インタビューを終えての感想ですが、常日頃からの感謝の気持ちと初心を忘れない素直な気持ち、そして、スタッフと店長が一丸となってお店作りをしている空間なんだとあらためて感じました。それがコーヒー一杯への美味しさにつながっている素晴らしいお店です。
大磯店長やドトールスタッフの皆様、お忙しいところお応え頂きありがとうございました。


一覧へ戻る